1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ディスクワールド騒動記(テリー・プラチェット)』 投票ページ

ディスクワールド騒動記

  • 著者:テリー・プラチェット
  • 出版社:角川書店
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/02/08
  • ISBNコード:9784042745013
  • 復刊リクエスト番号:22351

得票数
49票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

英米で絶大な人気を誇るユーモア・ファンタジー・シリーズ。

日本のNHKに相当する英国の公共放送BBCで、昨年「国民的愛読書調査」的な企画がありました。
つまりは人気投票で、上位100位のタイトルがWEBサイトで公開されています。
http://www.bbc.co.uk/arts/bigread/top100.shtml

この中に、本書の原著"The Colour of Magic"を含めたディスクワールド・シリーズが4冊もランクインしていることからも、その面白さは想像に難くないと思います。

投票コメント

その昔、友だちに借りて読んだことがあります。 大きなカバンを持ちカメラをぶら下げた日本人のパロディキャラをはじめとして 立ちまくっているキャラが印象に残っています。 その世界の形もかなり奇抜ですし。 シリーズ物の一巻だとは知っていたんですが、そのうち読もうと思っていたら 一切手に入らなくなっていて残念に思っていました。 是非とも復刊していただきたいです。 (2011/06/04)

1

ディスクワールドのリンスウィンドを主人公とする一連の作品の第1巻のようです。4つの連作短編からなっています。 手持ちの1冊ではあるのですが、これが復刊しないと続編も期待できないので。 DVD『アメージング・ワールド』と『アメージング・ワールド 勇者の帰還』を観ました。無印が、本書に当たります。勇者の帰還のパートは、翻訳されていません。 ビデオよりやはり原作の方が良いなぁ。 (2007/05/09)

1

翻訳されているディスクワールドシリーズはだいたい読んでいるのに、この本だけ読めてないから。ディスクワールドの独特ユーモアセンスとか死神さんとか、ほんと大好きです!読みたくて仕方ないけど、入手できない…。 (2007/04/22)

1

テリー・プラチェットの本は「天才ネコモーリス」しか読んでませんが、とても良い本でした。「ディスクワールド」シリーズも読んでみたいのですが、手に入りません。是非シリーズ全部購入できるようにお願いします。この第1作が出たら即買いします。 (2006/08/21)

1

高校生の頃ゲームでこのシリーズを知って以来のファンです。 軽妙な雰囲気、そのくせとてもよく考えられた設定がたまりません。 この作品は随分前に一読しただけですが、 安田氏の訳がうまいなと思った記憶があります(反響音地下妖精的など 出来れば彼の翻訳で次回作(?)の「The light fantastic」以降も一緒に出してほしいところです (2005/01/12)

1

もっと見る

新着投票コメント

「魔女ティファニー」「天才ネコモーリス」から興味をもち始めました。 他にもプラチェットの本を読みたいです。 (2012/05/05)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/02/08
『ディスクワールド騒動記』(テリー・プラチェット)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『ディスクワールド騒動記』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

  • MANGA ARTS

TOPへ戻る