1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ある晴れた日のウィーンは森の中にたたずむ(荒巻義雄)』 投票ページ

ある晴れた日のウィーンは森の中にたたずむ

  • 著者:荒巻義雄
  • 出版社:講談社(講談社文庫)
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/11/03
  • ISBNコード:9784061361782
  • 復刊リクエスト番号:20526

得票数
5票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

昭和55年8月15日初版発行 288頁 定価360円
〈収録作〉
土星の環の上で
カリフィヤの少年
紅い世界
ニコルスキーの空間
アレキサンドリア石
主婦と錬金術師
ある晴れた日のウィーンは森の中にたたずむ
術の小説論-私のハインライン論-
裏表紙解説から「その日、ウィーンの空は昨日のウィーンのように晴れていた-ヨーロッパを放浪し、徐々にのめりこんでいった不確実な世界は、幻視者にしか現れない虚の世界なのか?シュール・リアリスティックな幻想にみちた表題作のほか短篇6編に、デビュー評論「術の小説論-私のハインライン論」を収録するSF自選集。」
初期荒巻義雄の幻想SF作品集。

投票コメント

初期の荒巻義雄の作品は、後年の作品と同一人とはとうてい思えない質の高いSFであり,幻想小説である。他にも 白き日旅立てば不死 柔らかい時計 神聖代 時の葦舟 等、是非容易に文庫で入手できる状態にしてほしい。 (2011/08/27)

1

『ある晴れた日のウィーンは×と同じ内容なのでしょうか。是非読んでみたい。 (2014/08/31)

0

荒巻作品は冷遇されすぎ (2013/09/13)

0

いる。 白き日旅立てば不死もよろしく。 (2009/08/06)

0

誰か他に荒巻義雄の幻想SF・メタSFの愛読者はいないものか。 (2003/11/03)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/11/03
『ある晴れた日のウィーンは森の中にたたずむ』(荒巻義雄)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『ある晴れた日のウィーンは森の中にたたずむ』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る