1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『音楽と建築(クセナキス 著 / 高橋悠治 訳)』 投票ページ

音楽と建築

  • 著者:クセナキス 著 / 高橋悠治 訳
  • 出版社:全音楽譜出版社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/07/26
  • ISBNコード:9784118800707
  • 復刊リクエスト番号:18259

得票数
58票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

巨匠クセナキスが自分の音楽論について語った本。


投票コメント

市場に出回っている中古本の取引き価格が高すぎです。 研究目的に利用される機会も少なく、クセナキスの難解な理論を 広く共有する必要があります。 クセナキスの師であるコルビュジェの設計した国立西洋美術館の 世界遺産登録運動の気運と合わせて、彼と周囲の人間の業績を 今までとは異なる視点で整理する必要があります。 (2008/10/24)

1

クセナキスが自らの作曲思想について語ったものです。 歴史的資料としてはもちろん、 作曲の方法論を検討する上で有益な内容です。 前衛音楽というのは、非常に特殊な環境の中で発展したので、 本当に芸術的に優れたものであったのかという事は、 もう少し時間が経たないと分からないと思います。 しかしながら、個性的、 かつ魅力的な作曲家が多数居たのは事実で、 そういった先人の発言は啓発性に富んでいます。 作曲を勉強する人にとって、重要な書籍です。 こういった本がすぐに絶版になってしまうのは、 出版業界の考え方を含め、少し残念に思います。 (2008/03/15)

1

ppp

ppp

21世紀現在、音楽を考えるに、20世紀の作曲家、クセナキスの仕事を避けることは難しい。彼の仕事を知る上でも、決してはずせない本だ。 高橋悠治の翻訳ということからも、日本語でクセナキスの仕事に触れる絶好の機会だ。このような機会をもたらすことこそ、日本の音楽の将来にとって、幸福なことだ。現在手に入らない状況を不幸だと考えるゆえに、復刊を望む。 (2007/11/06)

1

最初はクセナキス自体も知りませんでしたが、亡くなった時に本 で特集されているもの読み、この本の存在を知りました。が、こ の時すでに絶版で、近くの図書館に行くと閉架で置いてありまし た。 ある意味アウトサイダーアート的なものを感じさせる本で欲しい なあと、ずっと思ってしまいました。 しかも久しぶりに見ようと思ったら何故か図書館にはもう置いて 無く、これはもう是非に復刊して欲しいと思います。 個人的には文庫じゃこの本の面白さは無くなると思うので、オリ ジナルのままで復刊して欲しいです。 (2005/11/02)

1

雑誌サウンドアンドレコーディングに現代音楽に関する連載があるが、その中でたびたびクセナキスの言葉か引用されている。 その言葉に、とてもうなずけるところがあり、興味をひかれる。 コンピュータが身近になった今、数学的要素を音楽へ持ち込んだ、クセナキスの言葉を読んでみたい。 (2005/05/13)

1

もっと見る

新着投票コメント

是非読んでみたかったので (2017/06/21)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • 音楽と建築

    音楽と建築

    在庫僅少

    【著者】ヤニス・クセナキス 著 / 高橋悠治 編訳
    【発送】3~6日後

    伝説の名著、ついに新訳で復活。 高度な数学的知識を用いて論じられる音楽と建築のテクノロジカルな創造的関係性 --コンピュ...

    3,024 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/06/16
『音楽と建築』復刊決定!
2003/07/26
『音楽と建築』(クセナキス 高橋悠治)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『音楽と建築』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る