1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『血の季節(小泉喜美子)』 投票ページ

血の季節

  • 著者:小泉喜美子
  • 出版社:ハヤカワ書房、文藝春秋社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/05/17
  • ISBNコード:9784152032027 9784167389024
  • 復刊リクエスト番号:10038

得票数
32票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

無理なく東欧のドラキュラを戦時下の帝都に登場させた手腕はこの著者ならではのもの。

投票コメント

復刊を希望する理由 その一、作者が著名な人物であるから。 その二、有名な作品であるから。 その三、作品内容がこれを扱う分野では伝説的な作品であるため。 その四、出来れば自身が普通に書店で購入出来ると共に他者にもその機会がある事を望むため。 その五、以上の理由に関わらず永く絶版となっている事 (2004/01/13)

1

翻訳者・小泉さんの小説家としての中の数少ない作品であり、名 作でも有ります。 10年前くらいに東京中の古本屋を巡りやっとこさ見つけた思い出 が有り、それ以来全然復刻とかもされていないようなので、復刻 をぜひ希望します。 もっと評価をされてもいいと思いますし。 (2003/12/07)

1

昔、持っていたのですが留守中に父に古本屋に売られてしまいました・・・ あいにくすぐに売れてしまったようで、取り戻しに行ったときにはもう無かったんです。 当時、中学生だった私はこんなに強烈な陶酔感を味わわせてくれるミステリに逢ったのは初めてだったんですね。今でも読みたくて仕方が無いのですが、図書館にすら無い状態です。復刊してくれたら50冊でも買います。 (2003/03/08)

1

ずっと昔、確かoliveの書評に載っていて、すぐさま買って読みました。独特のきれいな文章で、話しにも引き込まれて、一押し!ということで、いろんな人に勧めなくって、貸しているうちに、なくしてしまった。再度買おうとしたら絶版になっているらしくてないんです・・・。絶対復活してほしい!絶対売れます!今の世界観にもぴったりで、「吸血鬼」「ゴシックホラー」などの好きな若者にも受けると思う。それでいながら文章は格調高いのです。 (2002/11/19)

1

以前図書館で注文したらボロボロの本がでてきて痛みが激しいので大切に扱って下さいと言われた。繰り返し読みたいのだが。 (2015/01/10)

0

もっと見る

新着投票コメント

著者の代表作なのに絶版にしておくのは惜しいと思うので、復刊お願いします。 (2015/09/14)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

血の季節 小泉喜美子
712円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/07/15
『血の季節』復刊決定!
2002/05/17
『血の季節』(小泉喜美子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『血の季節』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る