1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『新英文解釈体系(伊藤和夫)』 投票ページ
  5. 投票コメント一覧(Good!数順)

コメント一覧

新英文解釈体系

全112 件

『英文解釈教室』、『ビジュアル英文解釈』、『英語構文詳解』などに代表される伊藤英語。その原点である『新英文解釈体系』を拝読したいと思うのは伊藤和夫先生のファンのみならず、英語教育関係者もだろう。伊藤先生はこの本を学生向きではないと斬って捨てたようだが、それならば尚更英語教育関係者のためにも復刊を実現させてほしい。もし復刊の交渉を行うのなら、出版社だけでなくご遺族・血縁者の方々とも直接会っていただきたい。交渉は難航するだろうが、宜しくお願いしたい。 (2014/12/20)

2

英文解釈教室がすばらしかったので。 (2016/03/05)

1

是非読みたいから。 (2015/04/14)

1

tty

tty

伊藤先生の英語教育に原点、歴史的文献です。 ぜひとも復刊を願います。 (2015/01/08)

1

著者の伊藤和夫氏は数々の受験参考書を記され、英語教育史において伊藤以前、伊藤以後と一つの節目として捉えられていることからもその影響力は多大であったことがわかります。 没後十五年以上経った今、氏の残した功績を正しく評価する上でその原点である新英文解釈体系を読み返すことは大きな意味をなすことでしょう。 しかし、出版年が一九六四年であること、また発行部数が極端に少ないことから某オークションでは十数万の値が当たり前のように付き、一般人が眼にすることは全くないと言って差し支えありません。 復刊の際には完全予約生産かつそれなりの高値でも良いと個人的には思います。現状の、ごく一部の人間のみこの書籍化を手にすることが出来る、読むことが出来るという状況ははっきり申し上げて英語教育一般における大きな損失であり、残念という思いとその異常性に辟易します。 大変に難しいこととは思いますが復刊を切に願っております。 (2014/04/08)

1

数ある伊藤先生の著作の原点として見定めたい著作である。 生前著者は本書の復刊を望んでいなかったらしい。しかし、著者が逝去され、もうすぐ20年になり、その間にも氏の英語学習書から多くを得た読者は増え続けているはずだ。著者の内側にあって、常に発想の原点となっていた"体系"に、オリジナルの形で触れてみたい人も多いのではないか。日本の英語教育に大きな影響を与えた著者の最初の単独著書である本書は、学習参考書としてではなく、歴史資料としての価値が非常に高いものなのではないか。 (2013/05/26)

1

伊藤和夫氏は正に日本の受験英語教育を変えた方。伊藤和夫氏のおかげで日本の受験生の英文解釈力は飛躍的に伸びた。現在ある英文解釈の参考書の著者で伊藤和夫氏の影響を受けていないものは無いといっていいはずだ。「新英文解釈体系」はその革新を起こした参考書である「英文解釈教室」の13年も前に発刊されているが、既に伊藤英語の体系ができあがっていたことに驚いた。江利川先生のブログを拝見した限りでは、まだ説明に荒削りなところがあるようで、「英文解釈教室」よりページ数が随分多いが、各章のまとめとして構文の構造が図示されているようで、却ってわかり易い部分もあるように思える。受験英語を変えた伊藤和夫氏の著作である以上、是非復刊して欲しい。 (2013/03/05)

1

1994年、伊藤氏が通年で教壇に立たれていた最後の年に直接ご指導頂いた物です。英文解釈教室に見られるように、複雑な構文であっても考え方さえしっかりしていれば、極めて明快に直読直解できるという伊藤先生の出発点となった本をぜひ読んでみたいと思いリクエストしました。中学生・高校生の英文解釈を直接指導する経験をしましたが、伊藤先生の方法論は、(特に英語が苦手な子どもにとっては)今でも有効であると思います。日本の英語教育のさらなる向上のためにも、ぜひ復刊をお願いします。 (2012/07/13)

1

今は亡き伊藤先生。 様々出版社からはその恐るべき秘伝の書がいくつか出版されている。 受験生がその本を手にした瞬間。実力はあっという間に伸びてしまう。 あの、すばらしき参考書をお書きになった先生の原点。 いかなるものなのか非常に興味があります。 (2009/08/10)

1

横浜の山手英学院英語講師時代に書いた事実上のデビュー作である。今では手に入らず幻の著書といわれる。国会図書館にもなく初版五百部で絶版、目次のタイトルだけが「予備校の英語」に引用されているだけでどのような内容なのか皆目わからない状態です。でも目次のタイトルだけで判断するとほぼ「英文解釈教室」の原型であることは間違い有りません。「すべての著作は処女作に宿る」といわれるので 天才の処女作をこの目で見てみたいという思いで復刊を希望します。 (2006/11/26)

1

浪人時代に、某予備校で故・伊藤先生の講義を受け大ファンになったひとりです。1977年発行の「英文解釈教室」は持っていますが、伊藤メソッドの原点といえるこの本は、是非手に入れて読みたいと思っています。復刊を強く望みます。 (2005/08/17)

1

入不二先生の「二つの頂点」の中で触れられていたのでこの本の存在は以前から知っていたが、復刊を希望することまでは考えなかった。オーナーに拍手。ビジュアルや解釈教室の方が実用的だとは思うが、そういった使用目的ではなく単純に伊藤英語のルーツを知るために読んでみたい一冊。是非復刊希望。 (2005/07/14)

1

n

n

受験英語の変遷という観点で伊藤和夫氏の著書はどれも歴史的価値が高いのではないか。 (2017/05/08)

0

現在の受験英語を振り返るために是非読んでみたい (2017/03/20)

0

古本を探してもみつからない;; (2017/03/09)

0

名著「英文解釈教室」がどのようにして生まれたのかを知りたい。 (2017/02/02)

0

ヤフオクの落札相場で、この本の価値が垣間見える。是非復刊していただきたい。 (2016/07/29)

0

読みたい。 (2016/07/27)

0

あの英文解釈教室の前身と呼ばれた著書を是非読んでみたいです。 (2016/06/30)

0

現代版の受験英語の原典として読んでみたい (2016/04/14)

0

伊藤先生のルーツに触れたい。 (2016/04/13)

0

読みたい。 (2016/03/16)

0

皆さんのコメントを読んで興味がわきました。 ぜひ読んでみたいです。 (2016/02/28)

0

当時購入できなかった伝説の一冊を拝読できることを、強く希望します。 (2016/02/19)

0

「英文解釈教室」を38年前、高校3年の夏に読んで、英文に対する論理的なアプローチの新鮮さに驚きを感じました。「英文解釈教室」の前身を是非読んでみたいと思います。 (2016/02/18)

0

伊藤師の英文解釈本に興味を持っているから (2016/02/18)

0

読んでみたい (2016/02/17)

0

かねがね読んでみたいと思っていたから。 (2016/02/17)

0

伊藤和夫先生の1番最初の著書。 ぜひとも読んでみたいです!! 復刊どあぞよろしくお願いします! (2016/02/17)

0

噂に聞くが、今となっては到底手にすることができない。直接指導を受けた者として、読んでみたいと思うのが当然ではないだろうか? (2015/10/08)

0

全112 件

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『新英文解釈体系』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る