1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『実験で学ぶ 最新トランジスタ・アンプ設計法(黒田徹)』 販売ページ
  5. 投票コメント一覧

復刊リクエスト時のコメント一覧

実験で学ぶ 最新トランジスタ・アンプ設計法

全57 件

是非ともトランジスタアンプ自作ファンの方々に読んでいただきたいから。 (2014/07/03)

0

基礎 トランジスタアンプ〜 と同じく、アンプ設計の書籍として有名です。 こちらも 是非、一読したい。 (2014/01/24)

0

数少ないアンプ設計をしっかり解説しているとされている本なので、ぜひ読んでみたいです。 (2013/06/11)

0

読んでみたい。 (2012/05/13)

0

アンプ自作に大変参考となる良書 基礎トランジスタ・アンプ設計法と共に手元に置きたい (2011/05/08)

0

こういった詳しい解説は現在の入門書にもない。 (2006/03/04)

0

オーディオアンプ作成方法を勉強したいので。 (2005/12/25)

0

@ (2005/11/13)

0

tty

tty

是非!! (2005/10/31)

0

基礎トランジスタアンプ設計法とともにアナログ回路の良書として手元に欲しい (2005/09/23)

0

最近こういうアナログ回路設計の実用書が減っているけど、 ちょっと信じられない。 て、いうか高周波にしてもデジタルにしても大電力制御にしても ちょっと技術の幅を広げようとすると絶対関わってくる必須の 技術だと思うよ。 (2005/05/03)

1

トランジスタアンプ設計者の必携書である。 (2005/04/04)

0

借りて読んで気に入りました。 (2004/12/18)

0

アンプ設計をしているので (2004/11/03)

0

「基礎トランジスタアンプ設計法」とあわせて読んでみたいと思います。 (2004/10/30)

0

Q

もう一度、トランジスタアンプの基礎を勉強し直したいと思いま す、是非、復刊をお願いします。 (2004/07/29)

0

他に適当な入門書がないから。 (2004/03/01)

0

アンプを自作する際に、ちゃんとした知識が欲しくなってきましたので。 見たいです。 (2004/02/15)

0

現在でもラジオ技術で連載中の講座の初期の頃の貴重かつ大事な部分を記述した内容だと聞きます。 ぜひ復刊してください。 (2004/02/14)

0

ディスクリート回路に関する文献が少なくなってきており,最近 出される文献は,どれも集積回路を意識した内容となっている. しかし,ボード・メーカの技術者などは,ディスクリート部品と ICを組み合わせることがあり,黒田氏の文献のような,実践と理 論がバランス良く記述された文献は貴重であると思うため. (2003/10/26)

1

ちゃんと基礎から知りたいんです (2003/08/26)

0

仕事上、勉強したいから (2003/08/11)

0

こちらもぜひ復刊お願いします。 (2003/08/04)

0

最近、アンプを自作したいと思うようになったので。 (2003/06/25)

0

よみたい。よんでみたい。 (2003/05/26)

0

半導体アンプの製作記録に本書が引用されているのをみることが多いので。 (2003/05/24)

0

黒田氏の本、是非読みたいので。 (2003/05/01)

0

ニューカマーにとって非常に役に立つ書籍であり 過去も現在もこれ以上ものは無い。 (2003/04/20)

0

このような本は,必ず復刊させるべきです。 (2003/04/10)

0

大学時代に読んで勉強した本で、もう一度読みたいのですが、引越しで紛失。調べたいこともあるし、かたわらに置いておきたいので、是非復刻してほしい。 (2003/03/27)

0

全57 件

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

売上ランキング

期間:2017/11/13~2017/12/10
(毎週月曜更新)

TOPへ戻る