1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『建物が語る日本の歴史(海野聡)』 販売ページ

建物が語る日本の歴史

建物が語る日本の歴史

  • 著者: 海野聡
  • 出版社: 吉川弘文館
  • 判型: A5
  • 頁数: 336 頁
  • ISBN: 9784642083362
  • ジャンル: 専門書
  • 配送時期: 2018/07/下旬
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格:予価 2,592 円 (税込)
    (本体価格 2,400 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 24ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

建築物は歴史を語る証人である。国家プロジェクトとして建設された東大寺大仏殿・平等院鳳凰堂・安土城・鹿鳴館…。これらの有名建築をはじめ、縄文の原始住居から明治の西洋建築まで、各時代の建物から日本の歴史を紐解く。大工道具や修理、移築など建築にまつわるコラムも多数収め、社会との関わりから建物を考える、新しい日本建築史入門!

▼目次
はじめに―歴史のなかの建築/集落の形成と農耕/よもやま話1 大工さんの秘密道具/王権と巨大建造物/よもやま話2 建物の出生証明書/仏教公伝と寺院建立/よもやま話3 薬師寺移建・非移建の一〇〇年論争の開幕/律令と都城の形成/よもやま話4 薬師寺移建・非移建の一〇〇年論争の決着/建築の国風化/よもやま話5 巨大建築の背くらべ/南都復興と新時代の幕開け/よもやま話6 修理は後回し/戦乱による破壊と桃山の栄華/よもやま話7 勝手が違う/近世の太平と火事/よもやま話8 巨木を探し求めて/民衆文化の盛隆/よもやま話9 建物の引っ越し/近代日本の黎明/よもやま話10 修理のための方便/おわりに―建築の意味と歴史/図版出典一覧

▼著者プロフィール
海野聡(うんの さとし)
1983年、千葉県に生まれる。2006年、東京大学工学部卒業。2009年、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程中退。現在、奈良文化財研究所研究員、博士(工学) ※2017年2月現在 【主要編著書】『比叡山けんちく探訪!』(共編著、比叡山延暦寺、2014年)、『奈良時代建築の造営体制と維持管理』(吉川弘文館、2015年)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/06/21
『建物が語る日本の歴史』(海野聡)の注文を開始しました。

この商品は、現在販売中です。

日本史に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る