1. TOP
  2. ショッピング
  3. 児童書・絵本
  4. 『小さなピスケのはじめてのおてつだい(二木真希子)』 販売ページ

小さなピスケのはじめてのおてつだい

小さなピスケのはじめてのおてつだい

  • 特典
  • 著者: 二木真希子
  • 出版社: 復刊ドットコム
  • 判型: A4・上製
  • 頁数: 48 頁
  • ジャンル: 児童書・絵本
  • 配送時期: 2018/07/中旬
  • 在庫数: 51 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 1,998 円 (税込)
    (本体価格 1,850 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 18ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
≪復刊ドットコム オリジナル先着特典≫
復刊ドットコムで『小さなピスケのはじめてのおてつだい』を購入すると、
二木真希子さんが残したカットを用いたオリジナル特典物(*どんな内容になるかはお楽しみに!)をプレゼント! 特典は数に限りがありますので、お早目にどうぞ。貴重な機会をぜひお見逃しなく!

≪特典に関するご注意≫
本商品と、2018年7月下旬以降発売予定の他の予約商品を同時にご注文いただく際、「まとめ発送」を指定されると、システム上、特典付きの商品をお届けできず、通常商品でのお届けとなります。
特典をご希望の方で、他の「7月下旬以降発売予定の予約商品」を同時にご注文される場合は、「分割発送」をご指定いただくか、2度に分けてご注文ください。

商品内容

名アニメーター・二木真希子が残した唯一のオリジナル絵本『小さなピスケ』シリーズ。
多くのファンからの熱いリクエストを受け、未完だった幻の第3巻がついに刊行決定!


スタジオジブリが放つ数々の名作群の中でも、とりわけ人々の記憶に残るシーンの作画を数多くご担当された天才アニメーター・二木真希子さん。

そんな二木さんが残した唯一のオリジナル絵本である「小さなピスケ」シリーズは、2016年に二木さんが亡くなられた後、その一周忌を機に、映像研究家の叶精二さんなどの呼びかけにより、SNSを通じて多くの復刊リクエストを頂き、これまでに弊社から新装版『小さなピスケのはじめての旅』、『小さなピスケのはじめての友だち』として、復刊をさせて頂きました。

その紹介ページでも簡単に触れましたが、このシリーズには続きが存在します。
じつは二木さんは亡くなられる直前まで、病床で、続編である本作の絵に筆を重ね、ラフ(=仮印刷本)を幾度となく推敲し、最後まで赤字を入れたそうです。当時の担当編集者に託されたラフには、絵や台詞など、所々に細かなえんぴつ書きで指定が残っています。 このたび、その最終段階のラフを元に、生前の希望に沿って、漢字や書体などを新たに再編集しまとめたのがこの『小さなピスケのはじめてのおてつだい』です。

宮崎駿監督や美術監督の男鹿和雄氏からも、自然描写や想像の世界の木々の力強さ・透明感を絶賛されていた二木さん。今回もこれまでの2冊同様に二木さんが得意とした動植物への描写が満載です。
また、主人公・ピスケをハラハラ、ドキドキさせてしまう、いわば弟ともよべる存在が初登場します。

二木真希子さんが後世に遺し、伝えたかったもの。
本当に大切なものとは何か?
ぜひ本書から感じ取っていただけると幸いです。

☆☆☆本書の3大特長☆☆☆
1. 名アニメーター・二木真希子さんが残し、未完に終わった幻の作品。関係者やファンの方の想いが結実し、ついに初単行本化が実現!
2. 愛すべき新たなキャラクターも初登場!お楽しみに!
3. 二木真希子さんが残したカットを用いたオリジナル特典物をプレゼント!

ピスケは、ふるさとから遠くの町の、そこからもだいぶはなれた川の側にある小さな丘の、そのてっぺんにはえている大木の根もとに空き家をみつけて住んでいます。まい日、木の実や草の実を集めて干したり粉にしたりして町に持って行き、さとうや布のように必要な物と取りかえて生活をしていました。ある日、きみょうな小山のつみかさなった落ち葉の間に、なにやらしっぽのようなものがつき出していて…。
(『小さなピスケのはじめてのおてつだい』本文より)


▼イメージ画像:(クリックで拡大します)

小さなピスケのはじめてのおてつだい イメージ小さなピスケのはじめてのおてつだい イメージ

小さなピスケのはじめてのおてつだい イメージ小さなピスケのはじめてのおてつだい イメージ


▼著者プロフィール
二木真希子(ふたき まきこ)
愛知教育大学美術課程卒業後、テレコムアニメーションフィルムを経て、1991年にスタジオジブリに入社。特に動植物の描写を得意とし、数々のアニメーション原画を手がける。
著書に『世界の真ん中の木』(徳間書店・刊)など、装画・挿絵に『精霊の守り人』をはじめとする「守り人シリーズ」(上橋菜穂子・著/偕成社・刊)などがある。

(c) Mikiko Futaki 2018

▼こちらもチェック!
◎『小さなピスケのはじめての旅』
◎『小さなピスケのはじめての友だち』

読後レビュー(3件)

  • 5歳の娘が楽しみに

    けい 2018/07/15

    絵とお話しに興味が尽きず、「続きは?」と、このシリーズを楽しみにしていた娘。今回も楽しく読みました。

    0

  • ピスケとの再会。

    ゆさ 2018/07/12

    やっと読めてうれしいです。
    相変わらずピスケがやさしくて、迷いこんできたクムの話を丁寧に聞いて、でもやるべきことはやろうね…という姿勢が素敵。
    クムも短期間にぐんと成長をみせますね。

    二木さんのひとつひとつ細部まで描きこまれた絵はただただ美しく、風や匂いや暖炉のあたたかさまで伝わってくるよう。
    ラフや鉛筆描きの状態の挿絵もあって、もし完成していたらどんな絵になったでしょう。

    大切に読もうと思います。

    0

  • ほのぼの

    ももかん 2018/02/16

    甥っ子にあげたくて買いました。でも自分が癒やされてる(笑)本当にいつの時代でもグッとくる素晴らしい作品。

    0

    小さなピスケのはじめてのともだち 復刊リクエスト

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(99件)

二木さんの絵本が復刊されることによって 多くの人にもっと彼女のことを知ってほしいと思います 刊行された2巻の復刊と続編の刊行を願います (2018/01/28)

0

ジブリ作品の二木真希子さんは知っていましたが、オリジナル絵本を出している事をあとから知りました。素敵な絵本が復刊によってたくさんの人の目に触れるといいと思います。 (2018/01/22)

0

精霊の守り人の挿絵が二木さんと知り、興味を持ちました。 (2018/01/21)

0

見たいです (2017/10/16)

0

「はじめてのたび」に投票しましたのでこちらも。 (2017/10/09)

0

もっと見る

ニュース

2018/05/29
『小さなピスケのはじめてのおてつだい』復刊決定!

この商品は、現在販売中です。

絵本に関するQ&A

絵本のタイトルを探しています。

27・8年くらい前に、小学校の図書室で読んだ本のタイトルを探しています。 横長でA4位の大きさで、内容が本当にうろ覚えなのですが、じゃじゃ馬な女の子がお母さんにおこられた後位に、異世界に行って冒険をす...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る