1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『アジア・太平洋戦争と石油 戦備・戦略・対外政策(岩間敏)』 販売ページ

アジア・太平洋戦争と石油 戦備・戦略・対外政策

アジア・太平洋戦争と石油 戦備・戦略・対外政策

  • 著者: 岩間敏
  • 出版社: 吉川弘文館
  • 判型: A5
  • 頁数: 200 頁
  • ISBN: 9784642038768
  • ジャンル: 専門書
  • 配送時期: 2018/05/下旬
  • 在庫数: 45 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格:予価 3,240 円 (税込)
    (本体価格 3,000 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 30ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

石油に乏しい日本は、なぜアジア・太平洋戦争に踏み切ったのか。
蘭領東インドとの輸入交渉、真珠湾攻撃での洋上給油作戦、石油備蓄と需給の予測、南方からの石油輸送と海上護衛戦の実態、本土空襲と製油工場の被害などを考察。
石油のほか艦船・航空機など戦備に関する豊富なデータをもとに、あらゆる資源を動員した総力戦の実態と末路を解明する。

▼内容
◇はじめに
◇日米開戦前の日本の戦備
--日中戦争と日米対立/海軍最初の石油の需給見通し/日本海軍の勝算
◇真珠湾攻撃
--真珠湾攻撃の発想と先例/米国の戦争準備/真珠湾攻撃の作戦案/航続距離延長の油槽艦隊/順調な洋上補給/真珠湾攻撃 -見逃された油槽群と工廠/全滅した作戦参加艦船/第二次真珠湾攻撃
◇「日蘭会商」から石油禁輸へ
--アジア・太平洋戦争の前哨戦/日本の南進と陸軍の南方作戦計画/「日蘭会商」の開始/交渉の目的/日本軍の北部仏印進駐/日蘭印激突/芳沢団長のバタビア到着/「日蘭会商」の意味
◇南部仏印進駐と米国の対日石油禁輸
◇世界最初の戦略石油備蓄
◇海上護衛という隘路
◇総力戦分析の封印
◇空襲と国内製油施設の崩壊
◇終章 石油から見る総力戦の末路

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/04/07
『アジア・太平洋戦争と石油 戦備・戦略・対外政策』(岩間敏)の注文を開始しました。

この商品は、現在販売中です。

第二次世界大戦・太平洋戦争に関するQ&A

二十年近く前に小学校の試験で読んだ小説を探しています。

小学校の国語の試験に出た小説を探しています。 太平洋戦争で学童疎開した少年が主人公でした。 少年は地元の子供たちから、度胸試しで高所から川に飛び込むことを求められます。少年はバカにされたくなかったた...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る