1. TOP
  2. ショッピング
  3. 文芸書
  4. 『遠藤周作全日記 1950-1993(遠藤周作)』 販売ページ

遠藤周作全日記 1950-1993

遠藤周作全日記 1950-1993

  • 著者: 遠藤周作
  • 出版社: 河出書房新社
  • 判型: 四六判・上製・函入り
  • 頁数: 896 頁
  • ISBN: 9784309026367
  • ジャンル: 文芸書
  • 配送時期: 2018/05/下旬
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 13,824 円 (税込)
    (本体価格 12,800 円 + 消費税8%)
    【送料・代引手数料無料】
  • Tポイント: 128ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

未公開の新資料、単行本未収録日記、多数収録!
東洋と西洋の間で揺れ動き、迫りくる死の恐怖と葛藤しながら、
「明晰に世界を見つめる」ことを求めてやまなかった作家·遠藤周作。
偉大なるカトリック作家の魂の声を、余すところなく編纂した、日記文学の金字塔!


人生のなかに明るさ、美しさを努めて見出そう。
そしてそれを創った神を讃美しよう。
人生、世界を肯定するのだ。
どうしてそれが悪いことがあろうか。(本文より)


▼本書の特徴
◇これまでに発表された日記をこの上下1巻にまとめあげるとともに、単行本未収録日記ほか、未公開の新資料も多数収録。
◇新資料として、処女作「アデンまで」から芥川賞受賞前後の日記(1954~55年)、肺結核再発による手術·入院時期の病床日記(1960~61年)等を初公開。
◇さらに、1951年「近代文學」に発表された「滞佛日記」を掲載。既刊本に収録された「滞仏日記」とは内容が異なるという貴重な資料。

▼目次(抜粋) *は単行本未収録日記
【上巻】一九五〇年~一九六一年
◇一九五○年六月~一九五二年八月
--「作家の日記」
◇一九五二年九月~一九五三年一月
--「滞仏日記」
◇一九五一年三月~十一月
--*「滞佛日記(I)-(V)」(「近代文學」版)
--「夏 -アルプスの陽の下で」
--「ボルドオ」
◇一九五三年九月~一九五六年四月
--「『われら此処より遠きものへ』草稿翻刻」からの日記
--新資料「アデンまで」「白い人」「黄色い人」執筆時の日記
◇一九五七年三月~五月
--「『海と毒薬』ノート」
◇一九五八年六月
--*「作家と読書」
◇一九五九年三月~一九六一年九月
--新資料「おバカさん」執筆時の日記
--新資料「サド研究のための渡仏日記」
--新資料「病床日記」
--「旅の日記から」
--「秋の日記」

【下巻】一九六二年~一九九三年
◇一九六二年四月~一九六三年十二月
--「発射塔」
◇一九六三年十月~一九六八年十月
--「『沈黙』草稿翻刻」からの日記
--「『沈黙』フェレイラについてのノート」
--「フェレイラの影を求めて」
◇一九六九年九月~一九七七年七月
--「某月某日」
--*「日記」(一九七四年)
--新資料「U.S.A.旅行」
--新資料「ポーランド旅行」
◇一九七八年十二月~一九八一年十月
--*「五十五歳からの私的創作ノート(「侍」執筆時の日記)
--「日記から」
◇一九八二年一月~一九八九年三月
--*「ひとつの小説ができるまでの忘備ノート」(「スキャンダル」執筆時の日記)
--「よく学び よく遊び」
--新資料「六十五歳の日記 守護の天使について」
--「取材日記」
◇一九九〇年八月~一九九三年五月
--「『深い河』創作日記」
--「病状日記(腎臓手術)」

◇解題:今井真理
◇解説:今井真理
◇遠藤周作・年譜:山根道公 編

▼仕様
四六判上製/上下2冊・全1巻・函入り
上巻:464ページ、下巻:432ページ(予定)
分売不可

▼著者紹介
遠藤周作(えんどう しゅうさく)
1923年、東京生まれ。慶應義塾大学仏文科卒業。55年「白い人」で芥川賞、66年『沈黙』で谷崎潤一郎賞、79年『キリストの誕生』で読売文学賞、80年『侍』で野間文芸賞を受賞。95年文化勲章受章。著書として『海と毒薬』『スキャンダル』『深い河』など多数。96年9月、逝去。

解題·解説 今井真理(いまい まり)
文芸評論家。1953年、東京生まれ。聖心女子大学文学部国語国文学科卒業、同大学院修士課程修了。専門は日本近代文学·現代文学。町田市民文学館での「遠藤周作展」をはじめ、多くの遠藤周作企画展に携わっている。著書として『遠藤周作の研究』『遠藤周作『沈黙』作品論集』(ともに共著)、『それでも神はいる 遠藤周作と悪』など。悪の問題を主軸として遠藤論を展開している。

遠藤周作・年譜 山根道公 編(やまね みちひろ)
文芸評論家。ノートルダム清心女子大学副学長。1960年、岡山県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、立教大学大学院修了。文学博士。著書として『遠藤周作 その人生と『沈黙』の真実』『遠藤周作『深い河』を読む マザー・テレサ、宮沢賢治と響きあう世界』など。『遠藤周作文学全集』全15巻(新潮社)の編集に協力、全巻の解題および年譜・著作目録を担当。『井上洋治著作選集』全10巻編集・解題を担当。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/03/02
『遠藤周作全日記 1950-1993』(遠藤周作)の注文を開始しました。

この商品は、現在販売中です。

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る