1. TOP
  2. ショッピング
  3. 実用書
  4. 『フランスの絵本(鹿島茂 著 / 群馬県立館林美術館 東京都庭園美術館 監修)』 販売ページ

フランスの絵本

フランスの絵本

  • 著者: 鹿島茂 著 / 群馬県立館林美術館 東京都庭園美術館 監修
  • 出版社: 青幻舎
  • 判型: A4変
  • 頁数: 240 頁
  • ISBN: 9784861526374
  • ジャンル: 実用書
  • 配送時期: 2017/09/下旬
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格:予価 3,456 円 (税込)
    (本体価格 3,200 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 32ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

漫画の起源から『ぞうのババール』まで、希少フランス絵本300冊!

古書愛好家として知られる仏文学者・鹿島茂の所蔵する膨大な西洋古書・版画より、愛らしく楽しい秘蔵のフランス絵本コレクションを初公開。
フランスにおいて子どもの本が発展した19世紀半ば~20世紀前半に生まれた、貴重本・美本を厳選。クラシックな19世紀フランスの子どもたちの暮らしの風景、20世紀に吹き込まれたモダン、そして漫画(バンド・デシネ)とアニメーションへのつながりまで。

▼著者プロフィール
鹿島茂(かしま しげる)
フランス文学者、評論家、エッセイスト、明治大学国際日本学部教授。1949年横浜市生まれ。1973年東京大学仏文科卒業。1978年同大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。専門は19世紀フランス社会・小説。古書コレクターとしても知られる。主な著書に『馬車が買いたい!』『モンマルトル風俗辞典』(以上 白水社)、『文学的パリガイド』『フランス文学は役に立つ!』(以上 日本放送出版協会)、『パリの秘密』『パリの日本人』(以上 中公文庫)、『子供より古書が大事と思いたい』『大読書日記』(以上 青土社)ほか多数。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/08/04
『フランスの絵本』(鹿島茂 著 / 群馬県立館林美術館 東京都庭園美術館 監修)の注文を開始しました。

この商品は、現在販売中です。

絵本に関するQ&A

絵本のタイトルを探しています。

27・8年くらい前に、小学校の図書室で読んだ本のタイトルを探しています。 横長でA4位の大きさで、内容が本当にうろ覚えなのですが、じゃじゃ馬な女の子がお母さんにおこられた後位に、異世界に行って冒険をす...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る