1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『ウラルの核惨事(ジョレス・メドヴェージェフ 著 / 佐々木洋 監修 / 名越陽子 訳)...』 販売ページ

ウラルの核惨事

ウラルの核惨事

  • 著者: ジョレス・メドヴェージェフ 著 / 佐々木洋 監修 / 名越陽子 訳
  • 出版社: 現代思潮新社
  • 判型: A5
  • 頁数: 262 頁
  • ISBN: 9784329100030
  • ジャンル: 専門書
  • 配送時期: 2017/05/上旬
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 3,888 円 (税込)
    (本体価格 3,600 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 36ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

旧ソ連体制下で隠蔽された核事故

1957年、旧ソ連南ウラル地方で放射性廃棄物貯蔵所が爆発した。 『ルイセンコの興亡』を米国で出版したことにより精神病院に収容され、その後ソ連国籍を剥奪された著者は、英国滞在中に検閲済みのソ連当局の資料を解読し、この事故を 1976年に「ウラルの核惨事」として公表した。ソ連をはじめ、米・英も事故を否定。ようやく、チェルノブイリ事故後の1989年になって事故を認めた---。
福島第一原発事故に関する論文のほか、新論稿を増補収録した決定版。

▼著者プロフィール
ジョレス・A・メドヴェージェフ
1925年生まれ。生化学・加齢学・政治史研究家。1950年にモスクワのチミリャーゼフ農科大学在学中に、ルイセンコの横暴を目の当たりに体験。卒業後、同大学で放射性同位元素を用いた研究をする。1969年に『ルイセンコ学説の興亡』をアメリカで発刊したが、反ソ活動だとの理由でソ連最高会議幹部会決定によりオブニンスクの放射線医学研究所分子生物学研究室長を解任される。1973年英国出張中にソ連国籍を剥奪されるが、以後イギリスに滞在、1990年ソ連国籍回復。主要著書に『誰が狂人か』(ロイとの共著。邦題『告発する! 狂人は誰か』、三一書房)『ウラルの核惨事』(技術と人間)、『市場社会の警告』(共著、現代思潮新社)、『知られざるスターリン』『ソルジェニーツィンとサハロフ』『回想 1925-2010』(ロイとの共著、現代思潮新社)。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(1件)

本書籍はかつて旧ソ連内の核廃棄物処理施設内において発生した爆発事故と、その経緯、その後の地域住民に対する健康被害などについての貴重な記録である。我が国においても、福島第一原発の事故発生により、核汚染に対する恐怖を国民は身近に感じることとなった。また、現在政府より発表されている各種の事故関連データについては、それが真なるものなのかについての国民の疑念もまだ十分に晴れたとは言えない。このような状況下において、今後予想される二次被害、三次被害等に的確に対処するための情報や知識を得ておくためにも、本書は示唆に富む内容を含んでいるのではなかろうか。小生はこの本は読んでいないので、その詳細な内容については残念ながら承知はしていないが、復刊可能であれば是非早期の復刊を希望する。 (2011/09/30)

1

ニュース

2017/04/07
『ウラルの核惨事』復刊決定!

この商品は、現在販売中です。

旧ソ連ロシア東欧に関するQ&A

ロシアかブルガリアの童話か

40年ほど前に読んだ本で、ロシアかブルガリアといった国が舞台になっていて、魔法にかけられた男女がでてくる短編集で、その魔法がとても魅力的に描かれていて、そこには馬などの動物も関わっています。そして挿絵が...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

  • MANGA ARTS

TOPへ戻る