1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『ビジュアル 日本の鉄道の歴史 3 昭和後期~現代編(梅原淳)』 販売ページ

ビジュアル 日本の鉄道の歴史 3 昭和後期~現代編

ビジュアル 日本の鉄道の歴史 3 昭和後期~現代編

  • 著者: 梅原淳
  • 出版社: ゆまに書房
  • 判型: B5・上製
  • ISBN: 9784843351215
  • ジャンル: 専門書
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 3,024 円 (税込)
    (本体価格 2,800 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 28ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

楽しく学べる、日本の鉄道とその技術革新の歩み。

1854(嘉永7)年3月、ペリーは模型蒸気機関車を横浜や江戸城で走らせ、日本人には強烈な衝撃をあたえました。それからわずか1年後、佐賀藩の佐野常民たちは蒸気機関車の模型づくりに挑戦し、ついに自力でこれに成功。以来およそ160年、日本の鉄道は新型新幹線やリニアモーターカーなど、世界に冠たる新しい時代を迎えようとしています。そんな日本の鉄道のあゆみを、さまざまな写真や図版でビジュアルに紹介するシリーズです。

日本列島が1本の線路で結ばれる!!
終戦から10年くらい経つと、日本の鉄道もこれまでの蒸気機関車から次第に電気、ディーゼルによる車両に変貌を遂げていきます。車両は航空機の製造技術を応用してとても軽くなり、1両の機関車が牽引可能な車両も数が増えてきました。また、幹線の複線化や新幹線が開通し、一度に多くの人を輸送することができるようになっていきました。そして1988(昭和63)年には青函トンネルの開通によって日本列島が1本の線路で結ばれました。その後、新幹線の最高速度は時速320kmになり、超電導リニアモーターカーの実験もスタートしました。

▼本書の特徴
◇日本の鉄道の歩みを、豊富な図版と写真をまじえながらオールカラーで紹介。
◇日本の鉄道の歴史を3つの時代に分け、それぞれの時代の状況を分かりやすく解説。
◇車両のスタイルや、蒸気機関車から電車への移行など、その変遷をビジュアルに理解できる。
◇スピードへの挑戦や輸送能力の向上など、技術革新にまつわる面白いエピソードも多数紹介。

▼こちらもチェック!
◎『ビジュアル 日本の鉄道の歴史 1 明治~大正前期編』
◎『ビジュアル 日本の鉄道の歴史 2 大正後期~昭和前期編』

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/03/22
『ビジュアル 日本の鉄道の歴史 3 昭和後期~現代編』(梅原淳)の注文を開始しました。

この商品は、現在販売中です。

昭和に関するQ&A

50年くらい前のマンガのタイトルを知りたい

約50年くらい前のマンガだと思います。 雑誌じゃなくて、貸本で読んだような記憶があります。 主人公は小学生くらいの女の子で、ひとりで縄跳びをしています。 33回だったか、続けて飛ぶと反世界?に移動...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

  • MANGA ARTS

TOPへ戻る