1. TOP
  2. ショッピング
  3. 児童書・絵本
  4. 『みる <五感のえほんシリーズ 8>(谷川俊太郎 文 / 高橋常政 絵 / 土井章史 監...』 販売ページ

みる <五感のえほんシリーズ 8>

みる <五感のえほんシリーズ 8>

  • 著者: 谷川俊太郎 文 / 高橋常政 絵 / 土井章史 監修
  • 出版社: 復刊ドットコム
  • 判型: A4変・上製
  • 頁数: 40 頁
  • ジャンル: 児童書・絵本
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 14 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 2,700 円 (税込)
    (本体価格 2,500 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 25ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

<五感のえほん>第2期(6~10巻)刊行スタート!
1983年、訪問販売のみで発売された伝説の「ピコモス」絵本シリーズが、<五感のえほん>として復刊!
谷川俊太郎と高橋常政という豪華著者同士による『みる』が、あらたな装丁でよみがえります!!


▼<五感のえほん>とは?
★復刊ドットコムが放つ、新・絵本レーベルです★
元々は1983年に、ブリタニカ絵本館ピコモス(日本ブリタニカ社刊/全25巻/監修・谷川俊太郎、小松左京)として“訪問販売でのみ”発売された絵本シリーズ。
再編集にあたり、わたしたちの社会や生活に根付く五感(みる、きく、かんじる…)でのセレクトを行い、<五感のえほん>(全10冊・第1期/第2期)として発刊いたします。
人間の動作的なものに加え、子どもたちが日常の中で直面すること、感じてほしいことを一流作家たちが存分に表現したオリジナル絵本です。

監修者のことば
五感を感じる、認識する。
本絵本シリーズのテーマは、それにつきます。
いのる、あじわう、みる、はなす、きく、なく……。
なにげない生活のなかで、 無意識のうちに始まり行われている感情の動きそのもののきっかけが五感から発生しているのです。
各界の卓越した表現者による本シリーズは、まずは五感を認識してからはじまる発見の絵本だとおもうのです。 
--土井章史(東京 吉祥寺・トムズボックス主宰)


<五感のえほん>シリーズ第8弾は、『みる』
谷川俊太郎が人間の五感【視覚=みる】を追求した傑作絵本が新装版で復活。
イラストレーター、装丁家として活躍する高橋常政との共演を存分にお楽しみください!

めを つむっても
こころで みえる、
なにが みえる?


『みる』は、私たちにとって最も身近な行為のひとつではないでしょうか。
そんな身の周りの『みる』に注目し、
谷川さんがその行為についてとことん追求した作品です。
〝みることはたのしい〟という部分を、
ぜひ感じ取っていただければ幸いです。

▼イメージ画像:(クリックで拡大します)
みる イメージ1みる イメージ2みる イメージ3
みる イメージ4みる イメージ5みる イメージ6
※画像は製作中のものです。実際のものとは異なる場合がございます。

▼著者プロフィール
谷川俊太郎(たにかわ しゅんたろう)
1931年東京生まれ。高校卒業後、詩人としてデビュー。1952年に第一詩集『二十億光年の孤独』(創元社)を刊行。以後、詩、絵本、翻訳など幅広く活躍。1975年日本翻訳文化賞、1988年野間児童文芸賞、1993年萩原朔太郎賞を受賞。ほか受賞多数。
絵本作品に『ことばあそびうた』(福音館書店)、『マザー・グースのうた』(草思社)、『これはのみのぴこ』(サンリード)、『もこもこもこ』(文研出版)、『まり』(クレヨンハウス)、『わたし』(福音館書店)、『ことばとかずのえほん』シリーズ(くもん出版)ほか、多数の作品がある。

高橋常政(たかはし つねまさ)
1949年東京生まれ。表紙、装丁「ソフィーの世界」、小説「聖書」など多数。劇団四季ミュージカルの舞台装置、衣装デザイン、ポスター制作 雑誌表紙等 多数。展覧会歴 ギャルリーユマニテ東京、青木画廊、ウイーン、アムラーベンシュタイグ画廊などで17回の個展。「高橋常政の世界」池田町美術館。具象絵画ビエンナーレ等で三越美術館、神奈川県近代美術館。画集 [高橋常政 ART WORK] 徳間書店

※本書は、1983年に日本ブリタニカ社から刊行された「ブリタニカ絵本館ピコモス」(全25巻)の中の『みる』を底本に、新たな装丁で復刊するものです。

★こちらもおすすめ★
『つくる』(谷川俊太郎・文 福田岩緒・絵)
最後の一文が象徴的。
様々なものから、「つくる」という行為で何が作れるか?
連想ゲームのように繰り返され本文から一転、疑問形で終わるラストには谷川さんから現代社会や私たちへの厳しい問いかけが待っています。
親子で一緒に考えたい絵本です。

<五感のえほん>シリーズ・ラインナップ
◆第1期◆好評発売中
◎『なく、おこる <五感のえほん 1>』(秋山さと子 文 / スズキコージ 絵)
◎『つくる <五感のえほん 2>』(谷川俊太郎 文 / 福田岩緒 絵)
◎『はなす <五感のえほん 3>』(竹内敏晴 文 / 長谷川集平 文・絵)
◎『かぞえる <五感のえほん 4>』(楠田枝里子 文 / 飯野和好 絵)
◎『くらす <五感のえほん 5>』 (森崎和江 文 / 太田大八 絵)

◆第2期◆
◎『かぐ、あじわう <五感のえほん 6>』(岸田衿子 文 / 司修 絵)…2016年4月刊行
◎『いのる <五感のえほん 7>』(森崎和江 文 / 山下菊二 絵)…2016年5月刊行
『みる <五感のえほん 8>』(谷川俊太郎 文 / 高橋常政 絵)…2016年6月刊行
『そだつ <五感のえほん 9>』(寺山修司 文 / 小竹信節 絵)…2016年7月刊行
『はこぶ <五感のえほん 10>』(佐々木幹郎 文 / いわむらかずお 絵)…2016年8月刊行


すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/04/15
『みる <五感のえほんシリーズ 8>』(谷川俊太郎 文 / 高橋常政 絵 / 土井章史 監修)の注文を開始しました。

この商品は、現在販売中です。

絵本に関するQ&A

絵本のタイトルを探しています。

27・8年くらい前に、小学校の図書室で読んだ本のタイトルを探しています。 横長でA4位の大きさで、内容が本当にうろ覚えなのですが、じゃじゃ馬な女の子がお母さんにおこられた後位に、異世界に行って冒険をす...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

  • MANGA ARTS

TOPへ戻る