1. TOP
  2. ショッピング
  3. 文芸書
  4. 『アンジェリク 完全版 5 影と光(アン・ゴロン 著 / 長島良三 訳)』 販売ページ

アンジェリク 完全版 5 影と光

アンジェリク 完全版 5 影と光

  • 著者: アン・ゴロン 著 / 長島良三 訳
  • 出版社: 復刊ドットコム
  • 判型: 四六判・並製
  • ジャンル: 文芸書
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 33 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 3,780 円 (税込)
    (本体価格 3,500 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 35ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

世界的ベストセラーを記録した、フランス発の歴史大河ロマン。
新訳・完全版でついに登場!

1956年に発表された後、5,000万部もの大ベストセラーとなり、世界各国でブームを巻き起こした「アンジェリク」。
美しく聡明な少女アンジェリクの波乱万丈の半生を華麗な筆致で描いた本作は、本国フランスでの映画化をはじめ、1960年代後半から1980年代前半にかけて、日本でも講談社版(井上一夫 訳)の小説にとどまらず、漫画家・木原敏江氏によるコミカライズ、宝塚歌劇団での舞台化など、さまざまにメディアミックス展開され、絶大な人気を誇りました。
魅力的な男性たちに次々に求愛されるアンジェリクの物語は、そのきらびやかな歴史的背景も含め、まさに、一度読みはじめたらやめられない濃密な面白さに満ちています。

しかし、当時出版された本の内容は、アン・ゴロン氏の知らぬところで改編されており、いつしか著者の本来の意図と外れた物語が世の中に広まっていたのです。
そこでアン・ゴロン氏は、自らが生み出した元の文章を復元しつつ、これまでに研究してきたルイ14世時代の知識も作品の随所にちりばめるという大幅な加筆・修正を施した「完全版」を、2009年にフランスで出版。
この「完全版」を底本とし、三名の豪華翻訳者陣の手でフランス語の原文から忠実に日本語へ翻訳した“新訳・完全版”を、復刊ドットコムより、いよいよ刊行開始いたします。

世界中の人々を魅了してやまない壮大なスケールの物語を、どうぞ心ゆくまでお楽しみください。


▼あらすじ
1661年3月。魔法使いとして断罪されたジョフレ・ド・ペイラック伯爵は、火刑台で処刑される。短い期間のうちに、アンジェリクはすべてのものを失ってしまった。夫と財産と家名と、そして子供までも。
すべての人から見放されて、ただ一人、身を隠すことを強いられた≪天使たちの侯爵夫人≫は、≪奇跡の宮廷≫に避難場所を求める。そこは、パリの奥深い闇の底にうごめく、無法者や犯罪者や物乞いたちの治外法権の帝国であり、カランブルデーヌを首領にいただく一味以外に頼るものとてない危険な隠れ家だった。こうしてアンジェリクは、カランブルデーヌの厳しい支配の元に庇護されることになる…。
しかしそこは、ひとたび身を落としたからには、二度と這い出すことのできない汚辱に満ちた場所だった。ただ一人、老いたる≪田舎教師≫だけが、彼女に自分を救済するための方図を教えてくれる。一瞬のうちに火刑の炎がアンジェリクから奪ってしまったものを再び取り戻すために、彼女は懸命に自己武装する。勇気と魅惑と誘惑と策略と知性と、その他あらゆる手段を使って…。そして、貧困と悲惨から抜け出し、母親の資格を再び手に入れるために、アンジェリクはある焼肉店にもぐり込み、そこのつましいウエイトレスになって、一般の社会への復権をめざす。
しかし、その道の前途にも、多くの障害がアンジェリクを待ち構えているのだった…。

<目次>
第一部 ネールの塔
第二部 ≪おんどり亭≫
第三部 ≪赤仮面亭≫の看板



読後レビュー(1件)

  • 母は強し

    のの 2016/08/03

    パリのどん底で鍛えられ、無敵の図太さ(?)を身に着けたアンジェリク。奇跡の宮廷から脱出するくだりは、何度読んでもワクワクします。要所要所に登場するデグレも見逃せません!

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(369件)

木原敏江の漫画から入って 小説にハマりました。 独身時代の漫画も入れると 30年以上も心のなかにアンジェリクが住み着いています。 これほど隅々まで面白く 何回も読み返している本はありません。 読むたびに勇気や知恵をもらっています。 復刻版は刊行中のものは全巻買っています。 どうぞ途中で放り出さないでくださいね。 表紙も私の頭の中の人物たちとぴったりで とてもいいと思います。 物語がどうなっていくのか知りたいです。 新しい訳になり、腑に落ちるところもあり 次がどうなるか楽しみに次巻を待っています。 続きをよろしくお願いいたします。もう是非是非!! (2018/01/03)

1

講談社文庫、何度も読みました。 大好きな作品です。 完全版で最後まで読みたいです。 (2017/07/24)

0

この作品がとにかく大好きなので、最後まで読みたいです (2017/03/03)

0

この作品が大好きで、新書版を二回コンプしました。(一度引っ越しで処分したので。。)二回目に揃えた本たちも今は手元にありませんが、もう一度コンプしたいくらい好きです。 作者による改訂版が出版されていると知ってとても嬉しかったのですが、なぜ日本語版は出版中止なのでしょうか。。個人的には表紙の絵がいまいちだから売れ行きが、、?と思ってますが 装丁を見直してほしいし、そうすれば販売部数も伸ばせるのではないかと思います。 話がそれてしまいましたがそれでも余裕ができたら改訂版の日本語版もぜんぶ購入します。ぜひ最終巻まで出版してください(。>д<) (2016/07/16)

1

現在7巻まで出ているとのこと。最終巻まで出たら全巻買おうと思って待っていましたが、8巻以降が発売されずにいるので待ちきれず1巻を買いました。 7巻以降は出ないのでしょうか?ジョフレとの再会に至らず日本語版終了ではあまりに悲しすぎます。 フランス語版は出ているのでしょうか? こんなに面白い物語はありません。 このお話が大好きで、子供の頃漫画読みファンになり、大人になり新装版を知り、繰り返し読んでいます。 こんなに長い間待ち焦がれている本は他にないのです。 どうか、8巻以降も発売をお願い致します。 (2016/07/09)

1

もっと見る

ニュース

2013/04/26
『アンジェリク 5 闇と光』復刊決定!
2013/04/26
『アンジェリク 完全版 5 影と光』(アン・ゴロン 著 / 長島良三 訳)の注文を開始しました。

この商品は、現在販売中です。

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る