1. TOP
  2. ショッピング
  3. 児童書・絵本
  4. 『シュリー号の宇宙漂流記(今日泊亜蘭 文/斎藤博之 絵)』 販売ページ

シュリー号の宇宙漂流記

シュリー号の宇宙漂流記

  • 著者: 今日泊亜蘭 文/斎藤博之 絵
  • シリーズ: 創作子どもSF全集
  • 出版社: 国土社
  • 判型: A5変形判
  • ジャンル: 児童書・絵本
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 2,700 円 (税込)
    (本体価格 2,500 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 25ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

【創作子どもSF全集とは】
子ども全集となっているが、上記の作家の名からもわかるように、今21世紀を迎える我々が直面して行くであろ、環境問題、尊厳死や臓器移植、人類の倫理観などの問題を1970年代の段階で問い掛けた全集です。作家、挿し絵画家のレベルが非常に高く、大人が読むに相応しいものです。

【あらすじ】
宇宙船「シュリー号」に乗ってアルファ・ケンタウルス星行きを計画した火星の小学生トコロー、ルミ江、トキオらは、操縦器の故障で、宇宙のまっただ中で漂流してしまった。

復刊ドットコム限定で、各巻分売でご購入いただけます。
※セット商品の一冊あたりの単価より高い価格となりますので、あらかじめご了承下さい。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(196件)

小学校の時、クラスメートに何か面白い本はない?と聞いたらこのシリーズを紹介されました。本当かな?と思ったのですが、夢中になったのを覚えています。何年か前にふと当時のことを思いだし、読みたくなりました。当時、シリーズ全部は読んでなく、今読んだことがあると分かるのは『砂のあした』しかないのですが、今あらためて全部よみたいです。再度の復刊お願いします。 (2017/12/07)

0

小5の時に図書室でこの中の何冊かを読みました。「だけど僕は海を見た」を是非また読みたいのでリクエストします! (2017/08/17)

0

こどものころ読んだ『犬の学校』が忘れられません。 (2017/08/05)

1

いくつか復刻版が出ていたのも知らなかったので。 中でも、小学校の頃読んだ「ぼくのまっかな丸木舟」はものすごく好きで、また読んでみたい本です。同時期に読んだベリャーエフの「ドウエル教授の首(そのころ読んだのはジュヴナイル板でしたが)」などと一緒に、実に不気味なSFの代表作として今も記憶に残っています。どちらも図書館で読みましたが、中学あたりだったら自腹で買ってたのに残念。 (2017/05/25)

1

読んでみたい! (2017/05/23)

0

もっと見る

この商品は、現在販売中です。

SF小説(日本)に関するQ&A

男子と女子の入れ替わりSF

1970年代の小中学生向けSFシリーズの一冊で、日本作家の作品です。  中2か中3のクラスメートだったと思いますが、へいから飛び降りるかぶつかるかして偶然入れ替わり、苦心惨憺、もとにもどり仲良くなる、...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る